直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

なぜ マイレージステータスをキープするか

さて なぜマイレージのステータスをキープするかですが

私の場合 下痢がひどくて 立ち続けることが困難なることが多いです

ですから 航空会社のチェックイン や 手荷物検査 待ち時間 など

時間がかかることが心配です

もちろん車椅子という手もあるのですが 自分でできるのは

マイレージのステータスを上位でキープすることで対応ができます

航空会社のチェックインもビジネスクラスカウンターを利用できるので

ほとんど待ちません

手荷物検査もゴールドレーンや優先レーンがあるので待つ時間がほとんどありません

そして航空会社のラウンジも利用できます

また、預けた荷物はプライオリティータグがつけられて

たいていは一番最初の荷物で出てきますので 受け取りもすぐにできるわけです

ですので海外旅行ではとても重宝します


今はヨーロッパ系の航空会社はテロなどにより

利用者が減っているせいか大変お得な利用ができますし

調べると意外と安価にマイルが獲得できます


もしご興味があれば ステータスのご獲得にチャレンジをお勧めいたします

旅に出てました

マイレージのステータスをキープするため 

長距離のチープなたびに出てきました


今回は一気に大量マイルを獲得


羽田ー北京

北京ーニューヨーク

ニューヨークーフランクフルト

フランクフルトーシンガポール

シンガポールークアラルンプール


クアラルンプールーシンガポール

シンガポールーフランクフルト

フランクフルトーニューヨーク

ニューヨークー北京

北京ー羽田


相当なハードスケジュール

宿泊を 

行きのニューヨーク

クアラルンプール

帰りのニューヨーク

北京

と これ以外は 飛行機での宿泊・・・

4泊10日というスケジュールでした


正直 体調が相当心配でした

いつも体調が悪くなるのは 上空での腹の膨張感

パンツがきつくなって 押さえつけられるような感覚がだめだったので

今回 ユニクロで販売されている デニムに見える伸びる素材を購入しました

もちろん ジャージとかでもよいのでしょうがどうしても抵抗があって利用してませんでした


また、薬を少々変えてみました 

ビオフェルミンを利用してみたら これが結構マッチして

トイレの回数が激減しました


帰国後もビオフェルミンを継続利用していますが

劇的に変化しています


とはいえ 機内食も体調を優先して

食べないという選択も何回もしました

飛行機の楽しみといえば機内食ですが・・・

まぁ仕方ない


それでもすべてスケジュールをこなしました・・・。

これで ステータスも維持できます・・・




バス 事故 高速・・・

このところ バスの事故が多いですね
最近というか ちょっと前から思っていたのですが
プロドライバーと呼ばれる仕事って
タクシーやトラック運転手もそうなんですが
運転マナーよくないですよね
特にバスは本当にそう感じます


僕は小学校のころからバスで通学していました
その当時でも相当混雑していました
でも乗っていて不安に感じることはなかった
運転が安全だったと思うんです


たとえばですが バスって遅いから後ろの車が数珠つなぎになりますよね
昔はそんな時バス停に止まったら後ろの車 全部先に行かしてましたが
最近のバスは 乗降が終わると すぐにウインカーを出して
無理やりにでも 列に入り込もうとします


また、信号も黄色で突っ込んでいるバスをよく見ます
換わりそうになるとスピードを上げるバスも少なくないです


昔は何で行かないんだよと思うくらい 手前であらかじめ減速して
黄色になる信号には突っ込んでいかなかった


きっと正確なダイヤの運行をするためだとは思うんですが
でも、ダイヤを守るために 急いで割り込んで 後ろの車の渋滞を起こして
黄色になりそうな信号に突っ込んでいくようなことって 安全なんでしょうか?


なんていうのか マニュアルだったり コンプライアンスだったり
書かれているとおりにしなくてはならにのでしょうし
ISOでもそうですが 決まったことを遂行することで一定の安全をまたサービスを提供する
ということなのでしょうが 何かちょっとずれているように感じませんか?


食の安全だって 信じられないほど安く提供しているものは
信じられないほど安く仕入れるしかできないわけです
安全な食材がどうやったって安くなんか手に入らないですよね
そうなら それはどこかが何かをしている訳です


僕も飲食店をやっていました
よいものを提供するとどうしても 価格が上がります
価格を下げておいしいものを作るとなると 不健康な味付けになります
刺激を増やすんです。塩分を増やし 糖分や脂質を増やす。
健康的なわけありません。鮮度のよい野菜も高いですからね。


バスも同じでしょ。低価格で提供するってことは 何かをしなくなるんですよね。


日本がコストを下げ、心使い おもてなし 思いやりの気持ちを置いてけぼりにして
利益を優先してしまった。
何か一番大切なことをもう少し考えないといけないのではないかと思います。