直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

理不尽だけれど 考え直す必要もあると思う

病気を患って病院に行くと たいていの場合
元通りの生活ができる、体も元通りになると考えていると思います
でもその中でも 現状を維持する これ以上悪くならないようにするという事も多く
また、悪くならないために あえて 今ある機能を 止めてしまう必要も出てくると思われます


現状より良くなると思っていた反面
そうでなくなることに 
受け入れることもできなくなるかもしれないという事も多いと思います
癌はとてもナイーブな病気です
癌という病気のイメージがとても悪いからです
僕は癌であることは 公表しませんでした
やはり 会社の代表者が癌であるという事は
色々な感情が生まれてしまいますし
対外的にも信頼を失う事になります
医師にも会計士にも 止められましたし
特に銀行など金融関連で借り入れが必要となると
率先していうべきことではないと思います
もし自分が退任して 受け継いでくれる人材がいるのであれば
それは良いのですが 代表者ともなると 借り入れなども含め
大きな責任を抱え込むことになり 自分一人での考えでは到底収まらず
家族との協力が必要です 
思うよりも とても大きなリスクが 自分とともに共存してしまうわけですので
それを受け入れる覚悟がある方というのは なかなか現れません
僕の周りの環境では自分が続けなければなりませんでした
そして大変なのが普通にすること
普通の健康とはいかなくても
普通の生活をするおっさん にしなくてはなりません
それが大変でした


僕の場合は 開腹手術で 大きく後遺症が残りましたから
今もそれが続いています


また、癌であるという事が 例えば就職にも影響が出ますし
銀行でもあらゆるところで この人の先が長くないだろうと烙印を押されてしまいます
もしも 現役に戻る時が来たとき自分を守るためにも
癌を公表するタイミングを絶対に間違えないようにするべきだと思います
特に会社など 心情的に利益を考える事に対し得ては余計です
この仕事をどのような人物像に託すか
その時に 癌という病気を患っている人間が責任を持ち続けられるのか
実際は大丈夫としても イメージが存在します
そのことを十分に理解して 自分の今後を考える必要が出てきます
それに加えやはり 体力的なマイナスは非常に大きかった・・・


僕が思うに 癌の回復後の体調の中 普通に仕事をするというのは
結構な負担になります
知らないうちに奪われている 体力 これを取り戻すための努力はは大変で
40歳も過ぎると 体重を増やすと 単に太るだけになり かえって体に負担が増えます
筋力を上げて 体重を増やすというのは 多分スポーツ選手でも大変な事だと思います
そんな生活をしていると
癌になんかなりにくい生活になっていると 改めて感じます
週に3-4回ジムに通い 食事も気にして 酒も控える
タバコなどは吸わなくなりますし きちんと睡眠をとれない事を悔やむわけですから
非常に理不尽だと思いますが やはり癌になったことがない人が
癌に対するイメージがあります
どうしたって 体験していない人にはわからない事です
そういったことも含め 色々なことを 見つめなおす必要は逃れられないと思います


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。