直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

元気でいることを書く事

僕が元気でいることを書く事
これは本当に必要なのか。いまだに迷っています。
なった病気は 直腸癌
腫瘍の大きさもゴルフボール以上で浸潤もありました
余命こそ避けられましたが
手術前に家族には術後の余命について覚悟をしていてくれとも言われました
僕自身 この病気を個人でWEBを利用し調べれば 調べるほど
よろしくない情報ばかりがのっていました
例えば 生存率50%としましょう
その半分は生存しているが 出ている情報は生存していない事の方が多かったわけです
調べれば調べるほど 落ち込んでいました
運が良い 悪い そんな気持ちなんて到底ありません
親戚や回り人たちは運が良かった とか いろんな言い方をするけれど
どちらかというと 生かされているというか 
だから 僕は 生存している立場で 書こうと思ったわけです


もしも 僕とは逆に状況が改善されない方から見ると
とんでもない書き込みに映るかもしれないともおもっています
でも 僕も 抗がん剤 放射線 と 年単位で癌と向き合い
対処してきました
今だって 決して健常者とイコールではないし
体調がすぐれない日のほうが多いと思います
でも 直腸癌になって日が浅い方
本当に復帰できるのか?って思う方に 今の僕の状況を参考にしてもらうのも必要なんだと
長い間思い続けていました。
もしも ぼくの書き込みを不快になる同じ病気の経験者の方
僕自身もこのような報告の書き込み、10年の時間悩みました 手放し 運が良かったなんて気持ちは 全くありません。
でも僕はこのような情報発信をしなくてはいけないだと思っています
今はまだ苦情をはじめ否定的な意見はいただいていません
ですが そう思われることも多いとも思っています
でもきっと それでも 生きているという事を知らせるべきなんだと思っています
僕自身 いくつもの後遺症 機能不全とともに生きています
それらと付き合い 生きる方法 情報も必ず 有効だと信じています


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。