直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

直腸癌 見つかるまで

直腸癌 大腸癌の場合は 健康診断の大腸がん検査で見つかることが多いでしょうが
体調の変化を気を付けておくことが大切かもしれません
・お腹が膨れる感じがする
・下痢と便秘が繰り返される
・便に血が混ざる
・便の形が細くなる
・便が出にくい
癌は 早く見つかれば 後遺症もなく 術後社会復帰に苦労しません
内視鏡は麻酔を使ってもらえます。ぼくは痛みに弱いため 寝ている間に済ませてもらいっています。
また、バリュームなどで済まそうと 一時的に回避したい気持ちはわかりますが
発見が遅れる事はもちろんですが疑いが見られれば 結局は内視鏡になります
予防的検査 人間ドッグなどは保険が適用されませんが
上記のように体調がすぐれないうえでの検査は もちろん保険が効きます から 
1万円程度の自己負担で調べてもらえると思います
そのほかに癌の腫瘍マーカー血液検査で 保険の自己負担分で 1500-3000円程度でしょうか
私はこのほかにコレステロールや尿酸なども希望して図ってもらっていますが 
一度の血液検査に自己負担で2000円くらいかかります


また、手術まで時間がかかってしまう事があると思いますが
見つかったら すぐに処置してもらう事を第一にするべきだと思っています
1日も1時間でもはやく病巣を切除するべきだと思っていますので
強く医師に相談してください
1か月の差で状況が一変してしまう事もあります


よくありがちな診察の時期という回数というか
大きい病院だと、調子が悪いな 病院でも行こう となってから
本日はどうされました?と最初は診察だけ
では次にCT バリュームをしますので 予約しましょう となれば
ここで1週間後 そして次回は検査結果となり 2週間後
検査で怪しいものが見えるとすると 次回 内視鏡を見ましょう で 予約を 1週間後
などとしている間にすでに1か月が過ぎます
そこから 腫瘍の細胞をとって検査をするまでに また2週間
もし癌だったら そこから 入院の手続きです ここですでに1か月半かかっています
多くの場合は仕事をしていたり すぐに 時間を作れない などと思うでしょう
そんなんで 入院を その時点で1か月伸ばして 手術まで 1か月半まちなどとなれば
もう 最初に病院に来てから 3か月がたちます
もしも ご自身が30さい台など若いのであれば さらに 癌の進行は早いといわれます
治療を最優先に 仕事は絶対に後回しで すべての予定をキャンセルして
病巣を切除することが最優先だと思います
体の中に成長した癌細胞を生かしておくことは絶対にしてはなりません
仮に 病巣が切除できたとしても
成長してしまっているとその周辺の 病気でいない部分の切除範囲も
日に日に広範囲になっていくでしょう
そうなると後遺症の範囲が広まります
仕事で迷惑をかける とするなら 病巣が成長し
退院の時期が延びたり 後遺症で 社会復帰に時間がかかったり
さもなくば 仕事すらできない状態だって考えられます
なにが一番迷惑をかけないか 考えて 最良の方法を考えることが良いと思います



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。