直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

僕の場合の直腸がん 手術以降 1

手術自体は順調に終わったようだった
超低位前方切除術 J型のポーチを直腸代わりに作った
切除したのは がん組織周辺 直腸はすべてと
周りのリンパ節 浸潤があった精嚢 などだ
一度へその右側に人工肛門を設置し
その後閉鎖して肛門を使うようにする手術になった
他への転移は見当たらず 10時間程度の手術は順調だったらしい


病巣の大きさはピンポン玉とテニスボールの中間程度だったらしい
病巣の大きさから転移の可能性が非常に大きく 手術に向かった後
家族には余命の宣告を覚悟しておいてくださいと医師から言われたそうだ
これも 細胞検査の結果転移は認められなかったが
病巣の大きさから  体力の回復後 放射線リニアック治療と 抗がん剤の化学療法
それと UFT という抗がん剤の飲み薬を1年間飲み続けました


術後 目が覚めて 麻酔が効いていたので ぼーっとする時間が続きました
たぶん手術が終わったのが夕方だと思いますが 翌朝明るくなってからの記憶はありますが
それまでは 夢なのか何なのか・・・夜中に寝にくくて何度か起きたような覚えはありますが


びっくりしたのは みぞおちの下辺りから下腹部まで 30cmはおなかを開けたのですが
翌日 エレベーターは使いましたが結構大きな病院 片道でも歩いて5分以上かかるレントゲン室まで行ってくれといわれました。体力を落とさないためといわれたけれど さすがに痛くて
点滴棒に頼っても歩けなかった・・・。しまいには車椅子で送ってもらったけれど
それでも 基本検査は徒歩で、そのほかにベットから起き上がって 廊下を最低でも3分 一日 3回以上というノルマがありました


そのとき モルヒネの痛み止めが 背中から入っていましたが 痛みはかなり感じます
あとはお腹の中の水をとるためのドレーンが左側の下腹部に刺さっていて
尿路は管が入っていました
排便はもうストーマからでした
それでも 4人部屋で部屋ごとにトイレも化粧室もあったのでまだよかった


食事は本当なら1週間程度の絶食で済んだのでしょうが
僕は途中で腸が動かなくなり 腸閉塞を起こしてしまったので
結局3週間近く食事は出ませんでした
でも、食欲はわきませんでしたから 辛くはなかったですよ
飴とかガムとか 飲み物はOKでしたから


次回は 病院での生活の様子を書き込みましょう


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。