直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

友人の医師 皮膚科医

僕の友人の医師で 皮膚科医がおります
目黒区で開業している医師ですが もともとは大学病院に勤めていました
長くやっていましたので そのまま続けるのかと思ったら
自分で開業することにしたと 10年ぐらい前ですが独立しました
家族とも3兄弟が医師で 自宅も内科医ですので
それはそれは立派なのですが


変わり者です・・・
面白いんですけれど、彼が医師になるっていうのが信じられませんでした。
中高一緒で高校の2年生までは350人いる学年で340番目くらい
僕もその辺でしたからいつも呼び出されるのが同じメンバーでした
ただ、大学は医学部にいかなくてはならないので そこからがすごかったです
最後に高校1年の夏休み 沖縄に旅行をした後 その年でもう勉強を始めて有名大学の医学部に進学をするときっぱりその後は勉強だけをしてました。すべての教科を中学1年からやり直したそうです
それでみるみる成績は学年のトップクラスに・・・見事 狙った大学に現役合格です


さて大学時代を経て大学病院の医師になり
いろいろな話も聞きました
皮膚科の多くの患者が アトピーと水虫だそうです
毎日が同じような繰り返しで とてもストレスがたまるとよく聞きました
現代では多くのアトピー患者が多いようですね
ただ、大学病院では手術をするような事例もあるようで
それで腕を磨くというか 技術力を維持するというか
大きいところにいないと 自分のレベルが保てないといっていました


その彼が独立して億単位の借金を 親に頼らないで始めたわけですから
すごいですよね。今はレーザー治療をはじめ 肌トラブルに関するサービスを強化しとことで
多くのセレブから支持をいただいている病院になっています
目黒区という場所もよい場所ですよね。


しみが取りたかったら格安にするから連絡くれといわれますが
僕よりもカミサンのほうが興味シンシンでしょう。


医師の多くは大変なストレスを抱えます
医師は直せる魔法の腕を持っているように思われますが
実際にはそんなことはありません 直したくても直せないことも多くあるわけです


病気というのは 時間がかかって進行します
ですから気がついたときはスタートではありません


きちんとした判断をして きちんとした対処をしなければなりません
過去に戻ることもできませんし そこは注視するべきところではありません


ぼくらも患者となったときに 医師との信頼関係を築くことが一番の治療につながると思います


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。