直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

マレーシア ランカウイ島

さて、なんとなく聞いた事のあるランカウイ島。
羽田に就航したエアーアジアX。ちょうど震災の頃かな?
初めて乗る予定がスケジュールを変更して訪れたビーチ。
本来 LCCはスケジュールの変更は受け付けない。
ただ、そのときは震災の直後で就航直後。
半年ほどずらして 3月に行ってきた。


うわさではLCCはとても評判が悪く スケジュールはあってないようなもの
挙句 フライトがキャンセルされても何も無いし そんなことがしょっちゅうなどと
書かれていた。僕は震災の後の数年間、合計で5-6回 ランカウイを
そのほかにもエアーアジアを利用してシンガポールやプーケットなどのアジアで
エアーアジアを利用したが大きく遅れたのはただ1度だけ。それ以外は逆に大きく予定を空けて
スケジュールした数時間がいつも無駄になってしまった


ウェブの情報はいつも思うが 良すぎた経験とちょっとした悪いこと以下の
情報が多い。だから通常の事があまり情報発信されていない
1時間遅れた とかで文句を書いている人もいるけれど それくらいは
逆に大手エアラインでも良くあること。


そんなことではない マレーシア クアラルンプールまでは6時間半程度
一度台湾に立ち寄って給油してすぐに飛び立つなんてこともあったけれど
夜中の0時前に羽田を出て 6時過ぎにはマレーシアに到着。
途中機内食を買って食べることもできる。
機内は込んではいるものの 不満が出るような感じではないと思う。
値段を考えれば十分。あとは時間をつぶすものを持っていけばなんら問題は無いと思う。
機体はA330 3列3列3列 通路は2本 お勧めは 最後部の数列は両脇が2名のなる。
お尻のほうが細くなるからだ。
ぼくは決まって最後尾の2名列の通路側。
病気が病気だけにトイレがすぐそばが良いから。
最後尾にはトイレが4つついている。


そしてランカウイ。
クアラルンプールも好きなので僕はいったんクアラルンプールで宿泊をする。
クアラルンプールからはおよそ1時間
機体はA320 通路を挟んで3席づつの6席が40列程度
席と席の間隔はそんなに狭くない
かえって国内のバニラエアのほうが狭いように思う


マレーシアの飛行機利用者の数は相当多く
KLからの路線はかなりの搭乗率だ。
ペナン島もそうだが 透明感があるという感じではない。
それでもリゾート感は高い 割りに 物価は安い


最初はタクシーを利用していたが 道路は左側通行と
日本と同じため違和感が無く 2回目からはレンタカーを借りた


レンタカーは国際免許証が必要 国際運転免許を取得することを忘れないでくださいね
免許を所轄の対象警察署に 写真と一緒に持っていいけば 当日 1時間もしないで
発行してもらえます


しかしレンタカーもかなり安いのと 空港でのディスカウントが面白い
交渉しだいではかなりお得です また空港では現金の支払いの場合
デポジットをとられます。最終的に返却の時に戻ってきますので安心ください。


マレーシアでの運転はかなりせっかちな人が多いです
ゆっくり走っていると後ろからあおられることもありますが
そんなときは 先に行かせたほうが良いと思います


僕の楽しみ方は また今度





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。