直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

直腸癌 あれって兆候?

そう 今思うとその兆候ってあったと思う。
まずは内視鏡を入れるずっと前。


結婚して20年たったけれど。
癌が見つかったのが10年前。
その7年位前。妻が歯医者で治療をしているとき
菌が歯茎に入り頬がはれてしまったことがあった。
まだ子供も小さく 会社に行きながらの子供を面倒見るのが大変だったが
1週間の入院が必要になった。家からはぜんぜん離れた病院で
それでも毎日顔を出していた。そんなある日 その病院で お腹が痛くなり
トイレに行った。鮮血で便器が赤く染まる。


あれ、痔?切れたか?


もともと小さいときからお腹が弱かったので
たまにお尻がただれる。


そんなに出血が続きはしなかったし
まだ若く肛門科に行くなんて出来なかったし
癌などとは思いもしない。
それから度々そんなことが続いてもいたが
毎日のことではないし気にしなかった。


それから数年 社会人もどっぷりつかると
お酒を飲む機会が 激増。体調もそれでずいぶんと変わった。
お酒の翌日は下痢をしやすかったし、そうなると下痢止めを飲む。
そして便秘になる・・・。そんなことの繰り返し。


ただ便秘のときに かなり便が細くなり 便がなかなかでなくなった。


その時は法人を立ち上げて何年かたってはいたけれど
年金や社会保険に加入はしていなかったので 健康診断はとくにしていなかった。


今思うと このときに 会社を立ち上げてから忙しかった数年のうち
早い時点で 体調がおかしいことをちゃんと気にして
それこそ友達の病院で見てもらえばよかった。


後数年早ければ もっと後遺症もなく もっと元に近い状態になれたのだと思う。


早期発見は死期を早めるということだけではなく
後遺症も少なくてすむのだろう 
後遺症は 人生の楽しみを奪ってしまいます


皆さんのも 健康診断のときに 1000円程度の追加でわかる
癌検査キットは付け加えてください


今後の人生のために


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。