直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

性機能障害

たぶん 多くの人が気になるだろう
僕は以前にも書いた通り 手術をして性機能に障害が出た
これはかなりの確率で出てしまうようだ
症状としては 勃起障害 と 射精障害
術後から全く機能はしないので 注射で勃起するというものを利用したことはある
リンクを張ったので 問い合わせをしてみてください
お金はかかります 10万円くらいかな 
その後追記の注射は安くなると思います
1回の勃起で1万円。それが安いか高いかわかりません。
僕は手術の時が40歳前 できなくなることに関しては
相当抵抗ありました。
手術直後からしばらくはそんなことは考えられなく
生きているだけでも幸せだと思っていましたが
やはり 人は欲深いものです
勃起に関しては 人によると思いますが
術後にすぐ 神経が回復すれば問題は無いと思いますが
私は残念ながら 無反応 でもどうなるか気になりますよね
もちろん 興奮はしますし したくもなります
それでも全く無反応で 射精はしませんが 達する感はあります
ただ、何にも出てこないですが
僕自身も不思議なくらい やらなくてもなんとも思わないようになってきます
というか 自分でやることで事済んでしまう。。。
妻にも求めないですし 求めても来ないですし
ただ、僕にはその距離感で満足しています。
でも 全くダメではないと思うんです
ごくまれに 便意が強く 校門付近んで便が固まってしまっているとき
刺激によって 完全ではないですが かなり固さが出てきます
だけど 結局は便意があるときですから
やる気にはなりません
僕は水便ですから 仮に肛門からの刺激で 固さを取り返せても
便が流れてくるので そんな方法はしませんが
便が固まってきちんと便を我慢できるのであれば
ご夫婦やパートナーでそのあたりを刺激しながら行えば
出来なくはないかもしれません
ただ、普通にたたせたいなら、病院の注射はききます
4時間くらいたちっぱなしです 自分の意思とは関係ありませんから
ある意味 楽しめるのかもしれません
僕も性的なことは夫婦間で必須だと思ってました
しかし もともと 淡白な組合せでしたので
手術前でも それほど盛んにしていたわけではありません
ですから なかったとしても あまり影響がないのかもしれません
もしかしたら 誰かそういったパートナーを持っているのかもしれませんが
それは追及しません。僕にはその機能は無いわけですし。
目の前でほかの人としているなら 怒りますけど
そんなことは無いでしょうし なんていうのか 僕には関係のない事と思ってしまいます
必然的にほかの女性との恋愛的感情もおこりませんし
言ってみても最終的に 性交渉に至ることが必要とするでしょうから
最初からそこには 踏み入れませんし そのような感情を持たれないように接します
ただ、その方が結構楽しかったりするのかなと思います
ひとは恋愛感情が表面化することで 独占欲がおこります
でもそうではない限り お互いに気を使いながら接することもできます
つらいことも多いですが
欲というのは満足すると 忘れてしまいます


今後もしかしたら回復するかもしれませんが
現在はもっと別のものに何かを求めろという事だと思っています


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。