直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

ストーマがついていたとき

僕は直腸がんの手術後から半年程度 言ってみれば
セオリーどおりストーマをつけてすごした
気持ち的には 生涯ストーマではないという変な安心感があった
術前は結構抵抗はあった。
なぜなら海でもプールでも泳げないし 温泉だっていけない
なんて思っていた。


でも大変だったのは 肛門が再開通した後だったけれど


じゃあストーマ なにが大変だったか
一番はストーマを肌に当てている接着部分のかぶれ
これは当たり前に考えられると思う事
結構な粘着だからかゆくなるし かゆくなったら貼りっぱなしだから
状態は改善されない。はがしておきたいけれど、勝手に出てくるわけだから。。。


温泉や大浴場は?
確かに人が多いと気に入ったらじろじろ見られるでしょうね。
でも ふたをするタイプ などしていたらたぶんわかりにくいと思うし
手ぬぐいなどで隠していればわからないと思います
サウナは入りませんでしたけれど。なんだか途中で倒れたらいやだったから。


プールは・・・。
海であればTシャツを着ていても文句は言われないでしょうから
海に入る直前にトイレとかで蓋にしてしまえば誰もわからないでしょうね。


ストーマ自体でのトラブルというのは本当に少なかったです
一度もストーマが破れた事はありませんでしたし
おなかの調子は悪くなかったです。
逆に肛門を再開したあとは 肛門付近がただれたり
結構大変な思いはいまだにします


その時は子供も小さく小学生でしたが
一緒に風呂に入ってました。湯船に入るとストーマは空気がはいているので
浮き輪のように浮いちゃうんですよね。
だから先に少しお湯を入れておかないと・・・


洋服も大き目のものを着ていればちょうどウエストのベルトのすぐしたが
ストーマの上部でしたので 外からはまったくわからなかったと思います
しかし 満員電車は押されてしまうと破裂の危険性はあったと思います
すこし時差通勤が必要だと思います。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。