直腸癌と旅行とグルメ

2005年に癌宣告。 直腸癌という病気。 本人に起こること。 家族に起こること。 どんな風になっていくのか。 何かに役立てばと思います。 cancer & trip & yummy

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

入院する病院の選択

病院を自宅そばの大学病院にするか、友達がそれこそ数名在籍してる1時間以上かかる都心の大学病院にするか。妻は1ヶ月の入院を終えたばかりで体調すらきちんと戻っていない。それでも、僕の友人にお願いした。そう判断したのは人生の進んできた道だ。僕が今こうしているのも、友達が外科医をしているのも何かの縁であろう。だからその縁を信じてみようと。2005年2月1日に直腸がんが判明しその夜に友人へ電話をした。そして、2-3日後に友人の勤務する大学病院で精密検査をおこなった。想像通りすぐに入院と手術の手配だ。今ではあいまいだけれど、確か2月の20日ごろが手術の日にちになった。どうやら大学病院ってのは手術台を予約するのも大変らしい。すでに入っていた手術の予約を後ろにずらして、普段では行わないような早朝に予定を入れてくれた。もう手術まで2週間も無い。そんな状況。手術までだって検査だなんだって1週間はかかる。術後の退院は早くても3週間。当時僕は会社で全部の事務作業、営業作業の責任者だった。でも仕方ない。もしも友人が医師でなかったら。仕事を優先しただろう。でも僕の体がそんな余裕が無い事は友人が力強く教えてくれた。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。